本格的な投資
案内する女性

サラリーマンで不動産投資をしている人は結構います。
ワンルームマンションのオーナーになって、その部屋を賃貸として貸し出しているわけです。
初めは1室から始めて、今では数戸にまで投資を拡大して成功している人もいます。
そのような人が更に不動産投資の手を広げる場合、マンション一棟を所有してオーナーになるケースが増えています。
しかしマンション一棟を所有するとなると、これまでのワンルーム投資とは違ってかなりな準備金が必要になります。
もし収益物件間違いなしのマンションが売りに出ていたら、投資の拡大を狙っている人にとっては見逃すという選択はありえないのです。
ワンルームマンションのオーナーから本格的な不動産投資業へと脱皮するチャンスですが、安易な決断は危険です。

不動産投資のコンサルタント会社のアドバイスが必要となります。
過去の収益実績にとらわれず、将来的にも収益物件となりうるかなどのリサーチをしなくてはならないからです。
収益物件の他に、不動産売却、マンション売却で利益を得る方法もあります。
不動産担保ローンについても素人がいきなり行なうのはオススメできないので、専門知識がある人のアドバイスを受けるようにしましょう。

担保ローンを利用

リサーチの結果、将来も収益物件として見込めるようなら、何としてもそのマンションを買い取ることになります。
その時の方法としては2つ考えられます。
1つは不動産売却という方法です。
現在所有しているワンルームをすべて売却して、購入資金に充てるというやり方で、マンション売却によってどのくらいの資金ができるかによりますが、まとまった資金を用意できることになります。
それを頭金にすれば、銀行から融資を引き出すことができます。

もう1つの方法は不動産担保ローンを利用する方法です。
つまり所有しているワンルームマンションを売却するのではなく、担保として銀行に差し出し、必要な資金を借りるのです。
不動産担保ローンを利用するメリットは、ワンルームマンションの賃貸業を続けながら新たなマンション経営を始めることが可能になるという点です。
不動産売却の方法だとワンルームマンションを手放してしまうので、そちらから入ってくる収益を失うというデメリットがあります。
その点、不動産担保ローンを利用した方がはるかに有利です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031